スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナガタサンゴがスッパマンに!!

サンゴ用冷凍フードを与えると・・・
IMG_2199.jpg
右下のレッドが「梅干し食べてスッパマン」になりました。

スッパマン!! 古(汗)
スポンサーサイト

Red Sea Max順調?!

Red Sea MAX安定して来たかなぁ。
IMG_2189.jpg
ニシキヤッコを移動し、ポッターズピグミーエンゼルとホンソメワケベラを追加して1週間が経ちました。

白点は確認されず、その他の病気も無さそうで順調に見えます。

みんな元気に餌も食べているので悪化させない様に頑張ります。


水換えは1週間に1回/20リットルを行い、バイオスコールを入れています。


90センチオーバーフローも順調そうに見えます。

90センチオーバーフローはTunze Nano Waveboxのおかげで水流ポンプ(マキシジェット 4機)を撤去しスッキリしました。
左右の大きな揺らぎがいい感じです。

ちょっと広がりすぎというほどに大きくなっています。
IMG_2183.jpg

90センチオーバーフローの水換えは1週間に1回/40リットルを行っています。

フリソデエビとコブヒトデ

前回のコブヒトデを完食して一週間絶食していたフリソデエビくん。

サンゴの上で寂しそうにしていたので買ってきてあげました。
IMG_2105.jpg
コブヒトデを入れると数分でやってきてこの状態。

匂いとかで解るんでしょうかねぇ。

そして、力持ち。
IMG_2112.jpg
こうして自分の落ち着く場所まで持って行ってしまいました。


先日入海したチャイロヤッコですが、結構臆病者でライブロックの陰にいつもいます。
IMG_2116.jpg
人工フードは食べているのでそのうち慣れてくれるでしょう。

海水一周年。ご褒美にチャイロヤッコ

丁度、昨年の今日、海水魚を始めました。

「クマノミが飼いたい」という気持ちから小さな水槽からスタート。
DSC_3237.jpg
こんな感じで36センチ幅という小さな水槽でスタートしましたが、水温の問題でクーラーを導入したり、水質管理の大変さで外部濾過や殺菌灯を追加したりしていましたが・・・

水槽サイズの不満を感じ、1ヶ月後には60センチ規格水槽に変更。
クーラーも大きめの物に変えての再スタートをしました。
CIMG4218.jpg
クーラー用のポンプの為に外部濾過を増設したりと水質の安定を目指していろいろとやりました

それから3ヶ月後に90センチオーバーフロー水槽を立ち上げていました

今では、90センチオーバーフロー水槽を中心に60センチオーバーフローと900アップライトタンク、450アップライトタンクを繋いで総水量約270リットルの水槽を維持しています。
現在はこんな感じになっています。
DSC_9860.jpg

90センチオーバーフローの脇に設置している60センチオーバーフローは現在こんな感じです。
DSC_9881.jpg


今年5月には、もっといろいろな魚を飼いたく、Red Sea MAX130を追加しました。

しかし短期間の間に沢山の魚を入れてしまった為か、悪夢の様な白点の嵐で沢山の大切な命を失ってしまいかなりショックでした。

これも大切な経験。なんとか安定させるよう頑張っています。

今日のRed Sea MAXはこんな感じです。
DSC_9892.jpg
ニシキヤッコ、ポッターズピグミーエンゼル、ホンソメワケベラを追加して3日が経ちましたが、みんな人工フードを食べてくれていて元気そうです。


海水を始めてから共に過ごしてきたカクレクマノミとデバスズメは今も元気に過ごしています。
IMG_2075.jpg

初めて迎えたヤッコ。レモンピールも今では大きくなり、イナズマヤッコと仲良く過ごしています。
DSC_9864.jpg
レモンピールは2008年10月26日に迎えたので10ヶ月が経ちました。


共生ハゼに憧れ迎えたハタタテネジリンボウとランドールピストルシュリンプも今も仲良く過ごしています。
CIMG4879.jpg
この写真は迎えた時(2008年10月5日)です。

今では1センチくらいは大きくなっています。
IMG_2042.jpg
ランドールピストルシュリンプはカメラを持っている時に出てきてくれませんでした


そして、一周年のご褒美は チャイロヤッコ 4センチ。
IMG_2071.jpg

450アップライトタンクに入って貰いました。
IMG_2086.jpg
慣れてきたら900アップライトタンクに移そうと思います。

そして、Red Sea MAXに掃除屋さんも追加。
IMG_2066.jpg
ブルーレッグハーミットクラブを3匹入れました。

まだまだ心配なRed Sea MAX。

我が家の水槽もこれからどうなることやら・・・

オオバナ追加

久々にサンゴを追加しました。
IMG_2037_20090824225332.jpg
オオバナ グリーン 6センチ程です。

このサンゴ、根元の骨格が15センチ程と長く、置き場所にかなり悩みました
ライブロックの間に突き刺す様な感じに置いています。



気になるRed Sea MAXは、ニシキヤッコが餌の時には前面に出て来て食べる様になりました。
IMG_2052_20090824225332.jpg
ポッターズピグミーエンゼルとは争いは無さそうです。

今日のRed Sea MAXの様子。
IMG_2045_20090824225332.jpg
ニシキヤッコとポッターズピグミーエンゼル、ホンソメワケベラを追加して3日目、白点は発生していない様です。

このまま安定して欲しいです。

Red Sea MAXにニシキヤッコ移住とポッターズ入海

Red Sea MAX にニシキヤッコを移住させました。
DSC_9800.jpg
ライブロックの陰で様子を伺っている様です。

早く慣れてくれます様に

そして、ポッターズピグミーエンゼル 5センチとホンソメワケベラ 6センチもRed Sea MAXに入れました。
DSC_9786.jpg
このサイズ(約5センチ)のポッターズピグミーエンゼルにやっと巡り会えました。
いつもショップさんで見ていたのですが、6センチ~7センチと少々大きめのサイズしか巡り会えなかったので諦めていましたが、本日ご対面、お持ち帰りしました。
この子はショップで人工フードを食べていたので、餌付け水槽には入れず、Red Sea MAXに入ってもらいました。

ヤッコを入れたので寄生虫予防にホンソメワケベラも入れました。
DSC_9781.jpg

インドキンギョハナダイの状態が良いので、Red Sea MAXの状態も安定していることを信じての追加です。

今日のRed Sea MAX。
DSC_9796.jpg

フシウデサンゴモエビがサンゴをムシャムシャ orz.

巨大化(6センチぐらい)したフシウデサンゴモエビがオオバナをムシャムシャ食べていました orz.
IMG_0016.jpg

どうもここ数日調子悪いなぁと思い照明を変更したりしていましたが・・・
昨日帰宅した時に様子を見たらフシウデサンゴモエビが上に乗っかってムシャムシャ食べていました

フシウデサンゴモエビはサンゴを食べるかもしれないことを知っていましたが・・・
あまりにも大胆すぎますので、早々に捕獲してRed Sea MAXに移ってもらいました。

捕獲する際にライブロックを少し出したら、綺麗に食べ尽くされた(たぶん)ハナガタの姿も・・・



Red Sea MAXの状態はなんか良さそうです。
インドキンギョハナダイに少し現れた白点は消え、数日経っても現れることはなさそうです。

オヨギイソハゼにも白点は見られず元気そうにしています。

週末にでもニシキヤッコの移住を考えようかなぁ。

失った、スミレヤッコ、シマヤッコも再挑戦したいし・・・

Red Sea MAXの今。

悪夢から立ち直りつつあると思われるRed Sea MAX。
DSC_9770.jpg
2個ある循環ポンプの1個にアクア工房 サイクロン殺菌筒(オーバーフロー用)を22/16の耐圧ホースを使って接続してヨウ素殺菌の追加と、背面濾過室にストレートに入れていたバイコムパフィー 3本を5センチ程に切って乱雑に入れて海水の接触面積を増やして見ました。
さらに、リング状濾材(Power House  ハードタイプM)を1L 追加し、バクテリア(バイオスコール)を投与しています。

インドキンギョハナダイの様子を見ている限り状態は良さそうに思えます。

リベンジ中のニシキヤッコ 約5センチ。
DSC_9741.jpg

迎えた時は指3本(約5センチ)程のサイズでした。
IMG_1858.jpg
すごく臆病でライブロックの後ろから出て来なかったことが多かったですが・・・

既に3週間が経ち、人工フード(デルマリンフード Sメガバイト グリーン S)を食べてくれていて、大分慣れてきた様に思えます。

そろそろ、450アップライトタンクからRed Sea MAXに移してあげたいとは思いますが、Red Sea MAXの状態がまだ不安。

90センチOFは順調に思えます。
DSC_9750.jpg
イナズマヤッコの幼魚柄はなかなか変化しませんが、元気いっぱい餌を食べていてボス状態です。
レモンピールとの争いもなく平和な感じがします。

そろそろ気を取り直して・・・

しばし更新止まっていました。
理由はRed Sea MAXの白点祭りによる崩壊のショックです

せっかく餌付いたRed Sea MAXの魚たちは白点に襲われ数日でほぼ全滅してしまいました
スカンクシュリンプとオヨギイソハゼ 1匹はなんとか耐えてくれました。

白点治療薬(プロバイオティック マリンフォーミュラー、ICH X-tinguisher)やグリーン Fゴールドによる薬浴を行いましたがダメでした

リセットも考えましたが・・・

リセットしたところで再び訪れる恐怖もあります

濾材、バクテリア、アクア工房 サイクロン殺菌筒(オーバーフロー用)、吸着剤の追加を行って様子を見ています。

今はスカンクシュリンプ 1匹、オヨギイソハゼ 1匹、インドキンギョハナダイ 1匹が元気良さそうに生活しています。

あとどれくらい・・・

安定期をどうやって見分ければ・・・

リベンジしているニシキヤッコ 5センチが餌付けも問題無く、だいぶ慣れてたきたのでそろそろ広いRed Sea MAXに入れたいと思っていますが、あの突然訪れた白点の嵐を思うと怖くて移すことができません


90センチOFはカルシウムリアクター稼働後、KH,カルシウム値が安定したお陰で水替えサイクルを3日/1回から7日/1回に変更しています。
もう少し伸ばしても大丈夫かなぁとも思いますが、週/1回程度なら苦にならないのでこのまま様子を見ようと思います。

Red Sea MAXも先週から週/1回の水替えで状態の観察中です。
白点に襲われた時は治療薬による数日間の放置や毎日の水替えを試みるも効果は感じられず、ヨウ素殺菌ドームによる数日間の放置の方がなんか良さそうに思えました。
その代わりに微量元素の補給としてアラガミルクを毎日投与しています。

QRコード

QRコード
プロフィール

Bobby

Author:Bobby
カクレクマノミに憧れて、海水魚とサンゴを飼育しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ  RSS

愛用品
ライブシーソルト 600L
メガバイト グリーン(M)メガバイト グリーン(S)メガバイト レッド(M)メガバイト レッド(S)
デル マリンフード(S)デル マリンフード(SM)
シュアー(S)シュアー(R)シュアー(M)
無脊動物・サンゴ用液状フード無脊椎動物・サンゴ用液状フード マリンデラックス 1000ml無脊椎・サンゴ用フードターゲットフード 240ml
海水用高性能バクテリア Bioスコール☆バイオスコール 1L 海水用QFI海水用添加剤 JOD―MIX(アイオダイン)
LIVE SEA ライブシーバッファーpHアルカリアラガミルク 480ml
メタルハライドランプ専用交換球JUNコーポレーション グラッシーグロウ150W スーパーブルー 25000Kメタルハライドランプ専用交換球JUNコーポレーション グラッシーグロウ150W マイルドブルー 14000K
レコルト ロータス ブルーレコルト ロータス ブルー&レッド
レコルト アイ ホワイトレコルト アイ ブルー
レコルト ブルークラマタ産業 ニューアズーロ ブルー
エムズワン MX-001S LED-ブルーAQUTE クリスタルインバーター600
カミハタ ターボツイスト Z 9Wカミハタ ターボツイスト Z 18W
カミハタ ターボツイスト 3x交換球カミハタ ターボツイスト 6x交換球
Red Sea MAX専用パーツサーフェーススキマーRed Sea MAX専用パーツ
キャビネットベンチレーションキット
BICOM スーパーバイコムスターターキット 250ml 海水用BICOM スーパーバイコム スターターキット(海水用)+Bafi(バフィー)30cm1本
BICOMBIICOM Bafi(バフィー)30cm1本
LSS研究所 PHコントローラー+PHモニター LSS研究所 CO2用電磁弁
タンクデータ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。