スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグネット! マグネット! 水深500m!

マグネット品 2個 購入しました。
IMG_2991.jpg
エコテックマリン VorTech MP10マグフリップ

また、LSS研究所の商品を2つ買ってしまった・・・

マグフリップは硬いコケ(ファインブレード)と、広い面積のクリーニング&仕上げ用(メッシュブレード)の2つのスクレーパーが表と裏にあり、強力磁石の特性で水中の中で反転させることができるちょっと面白い掃除道具です。
IMG_2994.jpg
磁石はかなり強力なので置き場所も気をつけないと磁気製品に影響がありそうです。

エコテックマリン VorTech MP10の箱の中はこんな感じで゛した。
IMG_2999.jpg
本体は拳ほどの大きさでコンパクト。
ACアダプターは少々大きめで重たい。

VorTech MP10はRedSeaMAX用に購入。

RedSeaMAXの循環ポンプ 2台の内、1台をヨウ素殺菌に使っている影響か、水槽内で澱み箇所がありデトリタスが増殖。
マキシジェットを入れようと考えましたが、上手く固定出来ず。

発売当時から気になっていたVorTech MP10を付ける事にしました。
IMG_3020.jpg
設置は右・手前の上に固定。
水槽内はプロペラ部分のみでコードが外になるためRedSeaMAXの様な密閉されている水槽には重宝します。

水流の調整はなかなか思った波にならず、少々難しいです。
「波」を考えるとナノウェーブボックスの方が私的には良いと思います。

フードモードにしても水流が弱くなるだけで止まらないのでちょっと困りました。
餌やりの時は電源をOFFにした方が良さそうです。


そして・・・

大荷物到着、水深500mのニチアク 天然海水「しまてん500」 10箱、200リットル!!
IMG_3008.jpg

10箱もあると置き場所も大変・・・・
IMG_3004.jpg
家に入りきらないので水換え終了まで家の外・・・


90センチオーバーフロー、初めての大量換水の為に注文しました。
特に問題はなさそうなのでそろそろ1年が経つ90センチオーバーフローなので偶には自然の海水を入れてみようかなと思いました。

あまり大量に換水するの生体への影響が気になるので約1/3の100リットルを換水しました。

換水はマキシジェット MJ-750 を使って排出と給水を行っているのでそれほど大変ではないのですが・・・
100リットルの海水の水温調整をするのに一旦予備の60センチ水槽とポリタンクに移しての調整が結構大変でした。

RedSeaMAXは来週に50リットルくらい換水する予定です。

残りは2週間後の90センチオーバーフローの水換えで使う予定です。

天然海水の効果は・・・
IMG_3024.jpg
イボヤギは天然海水が水槽に入り出すと少しして満開に。


ちびオオバナ 3個、最近色上がりして来たような感じです。
IMG_3026.jpg
結構、調子良さそうです。

スポンサーサイト

メインポンプ交換と配管見直し・・逆止弁で安心

注文していた部材が届きました。
DSC_0933.jpg
ポンプ:三相電機 マグネットポンプ PMD-641B2P(ユニオン)
逆止弁:LSS研究所 逆流防止弁 16φ
ヒーター:コンパクトスリムホットパック 200BLK(ブラック)
その他:塩ビ配管材、耐圧ホース etc.

ちなみに、今までのポンプは三相電機 マグネットポンプPMD-581Bでした。
ポンプ交換により配管長3mの時、30L/分が50L/分にパワーアップ。
パワーアップした分で60センチオーバーフローと450アップライトタンクに分岐することも可能だと思います。

その他にフォスバンリアクターへの循環も分岐した為、サンプに沈めていたポンプを全て排除することができました。
あと、以前同様にミニカルへの強制循環も分岐しています。

クーラー(KDA-500)へのIN/OUT部分以外の配管をやり直したのでスッキリしました。
60センチオーバーフローと450アップライトタンクへは塩ビ管ではちょっと面倒なのでボールバルブから先は耐圧ホースにしました。

交換前はこんな感じ。
DSC_0832.jpg

交換後はサンプに沈めていたポンプが無くなりスッキリ。
DSC_0935.jpg

配管では逆止弁を付けたことにより停電によるポンプ停止での逆流防止。
DSC_0936.jpg
これでサンプから海水が溢れる恐れも無くなりました。

消費電力を計算してみると・・・
三相電機 マグネットポンプPMD-581B70Wメインポンプ(90OF)
エーハイム 水陸両用ポンプ 125028W60OF 循環用
マキシジェット MJ-7508.5W450UP 循環用
マキシジェット MJ-5007.5Wフォスバンリアクター用
トータル114W 

                      が

三相電機 マグネットポンプ PMD-641B2P105W


となり、9Wのエコになりました。

音も静かになった気がします。

外したポンプを分解したら中はドロドロ(汗)
ブラシで掃除してクエン酸に付けて洗浄中。

これでポンプが故障しても交換・復旧が可能になりました。


ヒーターはメンテ(海水作り)用に追加しました。

メイン水槽のヒーターは300W x 1台と 200W x 1台 の 2台をサンプに入れています。
我が家のクーラー:KDA-500にはヒーターコントロールが付いていないので、別々のサーモでコントロールしています。
2台のヒーターも微妙に温度設定が変えてあり、1台目で適温に上げれなかった場合にもう1台も稼働する様に設定しています。

ちなみにRedSeaMAXにもヒーターは2本入れています。
RedSeaMAX付属のヒーター(150W)とクーラー(GXA-401)のヒーターコントロールで稼働する200Wヒーターとなっています。
こちらも、RedSeaMAX付属のヒーターはクーラー接続のヒーターで適温に上げられなかった時に稼働する様に設定してあります。

2台同時に稼働した時の消費電力は大きいですが、ヒーターが故障した時のことを考えると、この構成で安心できます。




海藻を追加しました。
DSC_0942.jpg
海藻 レッド(レモンピールの下)。

偶には自然食をと思ったのですが・・・誰も興味を示しませんでした。

ポッターズピグミーエンゼル 放流。

RedSeaMAXにポッターズピグミーエンゼルを放流しました。
DSC_0834.jpg

一週間隔離ボックスでお見合いの効果か、争いは無さそうです。
DSC_0836.jpg
偶にニシキヤッコに追われたり、スミレヤッコを追う姿がありましたが、しつこい行動は見られません。

餌もバクバク食べているし、他の子もいつも通り食欲旺盛なので大丈夫そうです。

あとは、このまま維持できると良いのですが・・・
DSC_0846.jpg


ちびオオバナ 3個。
DSC_0851.jpg
そこそこふっくらしているので調子良いのかな。
色も鮮やかになってきた様に思えます。



そして、我が家の水槽の問題。
90センチオーバーフローを立ち上げてそろそろ1年が経ちますが、途中でいろいろと増設した為に、配管はゴチャゴチャ!!
DSC_0833.jpg

60センチオーバーフローと450アップライトタンクの循環ポンプとスキマーがサンプの2室目を占領してしまっているなど、気になる事だらけ。
DSC_0831.jpg
スキマーは良いとして循環ポンプはなんとかしたい。

考えた結果、メインポンプをパワーアップしてメインポンプから分岐することを計画。

部材をネット注文しました。

成功することを祈り図面を書いていますが・・・どうなることやら。
頑張ります。

メインポンプのメンテナンスも気になっていたので丁度良い機会かな。

コエダナガレハナ

サンゴ追加しました。
コエダナガレハナ 枝状/5株
DSC_0804.jpg
RedSeaMAXに入れました。

あと、90センチオーバーフローで今ひとつ調子の悪いナガレハナも移動してきて様子見です。


今のRedSeaMAXはこんな感じです。
DSC_0801.jpg
ポッターズピグミーエンゼルは少し落ち着いてきている様に思えます。

もう少しお見合いさせてから放流しようと思います。

今のところ、みんな元気そうです。

ちびオオパナ 3兄弟のその後

土台の大きかったちびオオバナですが、
RedSeaMAXの上層は少々水流が強いため、900アップライトタンクに移動。
他の2つのちびオオバナを、移動してきたオオバナの土台に水中ボンドで固定しました。
中央のオオバナが2.5センチ程度で右上が3.5センチ、左が3センチ程度です。
中央上のオレンジは450アップライトタンクに入れていたバブルディスクをここに移動しました。
DSC_0761.jpg
白色のボンドしか無かったのでちょっと目立ちますね(汗)
シマヤッコは1.5ヶ月経ちました。体長 5.5センチ程です。
このシマヤッコ、餌の時間になると目の前に出てきて目が合うとライブロックの陰に隠れたり出てきたりとちょっと可愛い奴です。


ハナゴンベ、9ヶ月が経ち、だいぶ大きくなりました。
DSC_0767.jpg


ベルスエンゼルも9ヶ月が経っていますが、こちらはあまり大きくなっていない様な・・・
DSC_0757.jpg


RedSeaMAXのチョークバスは元気いっぱい餌の争奪戦に加わっています。
週末にポッターズピグミーをRedSeaMAXの隔離ボックスに移動しお見合いを開始しました。
今週週末頃、放流してみます。

現在のRedSeaMAXはスミレヤッコがボスなのかニシキヤッコが後ろから餌を食べにくる光景が良く見られます。
ウズマキはマイペースでスミレヤッコが近くに来ると横になってスミレヤッコが離れるのを待っているみたいです。
ロイヤルグラマはチョークバスに向かって大きな口を開けていることがありますが・・・
チョークバスに無視されている様な・・・
ピクタスブレニーが最近、餌の争奪線に参加することがあります。
この子も90オーバーフローのスポットテータルブレニーの様にメタボになってしまうのでしょうか・・・


その他、、最近機材が不調な感じ。
数日前、ミニカルが排水異常になり、ミニカルメインタンク内が気泡だらけ・・・
CO2添加スピードの問題なのか・・・
その影響か、PHの少し低下してしまい、アワサンゴが不調に・・・
丸一日CO2ストップし、調整。
今は、CO2添加は 2秒/1滴でCA/KHの数値と相談中。
アワサンゴの様子も元に戻りつつあり、ほっと一息。

水替え直後の半日程度はスキマーがアワだらけになって爆発するし・・・

あと、60センチオーバーフローと450アップライトタンクへの給水能力が低下。
ポンプをばらして掃除したがそれほど改善されず・・・
60センチオーバーフローにはエーハイム 1250、450アップライトタンクには MJ-750で循環しているのを、1つのポンプに変えようか悩み中。

そろそろ90センチオーバーフローも1年が経つのでメインポンプをメンテしたいのですが、分解する勇気が出ず・・・
停電時の逆流によるサンプ許容オーバーによる水漏れも心配・・・

考えれば、いろいろとほっとけない状況がいろいろとありますなぁ。(汗)

ポンプと逆流の問題を一気に解決させるには、メインポンプをパワーアップし、60センチオーバーフローと450アップライトタンクへの分岐を追加して逆流防止弁を間にいれることにより、解決すると思うが費用が掛かりすぎます。

やはりしばらくはチマチマメンテして現状維持かな。

チョークバスレット と ちびオオバナ

以前から気になっていたチョークバスレット。
DSC_0570.jpg
なかなかお目にかかれませんでしたが、やっとサイズ的にも良さそうな個体を見つけたので連れてきました。

大きさは5センチ程度です。

バスレットの中では大人しい魚らしいですが、我が家の水槽ではどうなるかなぁ・・・

2日間隔離ボックスで様子を見て放しました。(RedSeaMAX)
先住には興味が無さそうで、先住も特に気にしていない様な・・・

仲良く暮らして下さいねぇ。


サンゴは小っちゃいオオバナ 3個とトサカにシャコガイを追加。

3センチ程ですが、土台のライブロックが10センチ角あり、こんな場所(RedSeaMax)に設置。
DSC_0552.jpg

こちらは土台が無かったので、900アップライトタンクの砂の上に配置。
DSC_0547.jpg


それとチヂミトサカも追加。
DSC_0595.jpg
RedSeaMAXに入れました。

最後にシャコガイ ブルー。
DSC_0587.jpg
モスグリーンと並べてみました。


ピクタスブレニー、元気良さそうにあちこちのライブロックを渡り歩いています。
DSC_0596.jpg


RedSeaMAXはこんな感じになっています。
DSC_0578.jpg
今のところ、みんな元気そうです。
餌食いも良いので良い感じなのかなぁ。

後は、ポッターズピグミーエンゼルを何時お見合いさせるかなんですが・・・

ポッターズピグミーエンゼルは今も450アップライトタンクで落ち着くことなく泳ぎ回っています。

RedSeaMAXにニシキヤッコ、ウズマキを放流

昨日の夜、RedSeaMAXの隔離ボックスのゲートオープンして就寝。
DSC_0501.jpg
朝には、ニシキヤッコ、ウズマキが気持ちよさそうに泳いでいました。
お見合いが良かったのかスミレヤッコとの争いは全くなく、一緒に仲良く泳いでいます。

RedSeaMAXへの放流後、ニシキヤッコ、ウズマキ共に餌食いは問題無さそうです。
先住のスミレヤッコ、ロイヤルグラマ、ホンソメワケベラ、ピクタスブレニー、オヨギイソハゼは変わりなく元気そうです。

このまま調子を崩さないで欲しいです。


ポッターズピグミーエンゼルは少々落ち着きが無いので・・・
DSC_0492.jpg
しばらく、450アップライトタンクで様子を見ようと思います。


シマヤッコも元気にしています。
DSC_0489.jpg
水槽に慣れると結構気が強いシマヤッコなので、他のヤッコとは混泳させないで、このままコウリンハナダイと一緒に過ごして貰おうと思います。


アワサンゴ。調子良さそうです。
DSC_0466.jpg
あのデッカイ岩が隠れるほど広がる様になりました。

RedSeaMAX 住人入れ替え

450アップライトタンクで12日間餌付けしていたスミレヤッコ(5センチ)をRedSeaMAXに放しました。
DSC_0433.jpg
今回のスミレヤッコは慎重に餌付けしました。
1週間は450アップライトタンクを全面膜で覆い封印した状態での餌付けにチャレンジ。
1週間後には人工フードを食べてくれ、膜を取って2日後には人間の気配にもそれほど驚くことなく水槽前面に出て泳いでいました。
数日前からは水面を漂う餌も食べに来る様になったのでRedSeaMAXに放すことを決意。
ただし、元気いっぱいのニシキヤッコとポッターズピグミーエンゼルの居る水槽に入れては虐められるのは明らか。

一旦先住を出してから入海を決行。
かといって、15kgのライブロックが入っているRedSeaMAXですから、捕まるわけがありません。

全てのライブロックを一旦出して、ニシキヤッコとポッターズピグミーエンゼル、ホンソメワケベラを捕獲。

隔離ボックスにいたロイヤルグラマとピクタスブレニーは別の水槽に移動。

多少の底砂の舞上げがあった為、白点虫を恐れ、水換え後、一晩放置。

スカンクシュリンプとオヨギイソハゼは出さずに頑張ってもらいました。

翌日、ホンソメワケベラ、ロイヤルグラマ、ピクタスブレニーとスミレヤッコをRedSeaMAXに放しました。


スミレヤッコは早速ホンソメワケベラにお掃除を依頼中。
DSC_0436.jpg
ニシキヤッコとポッターズピグミーエンゼルの時はクリーナー行為を見ていませんでしたが、スミレヤッコの背びれをツンツンしていました。

ピクタスブレニーはライブロック奥で寛いでいるようです
DSC_0422.jpg


先住のニシキヤッコとポッターズピグミーエンゼルはスミレヤッコが慣れるまで、隔離ボックスで過ごして貰っています。
DSC_0425.jpg


隔離ボックスが気になるイナズマヤッコ・・・
DSC_0430.jpg
我が家のイナズマヤッコ、4ヶ月経ちましたが、幼魚模様がなかなか無くなりません。

QRコード

QRコード
プロフィール

Bobby

Author:Bobby
カクレクマノミに憧れて、海水魚とサンゴを飼育しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ  RSS

愛用品
ライブシーソルト 600L
メガバイト グリーン(M)メガバイト グリーン(S)メガバイト レッド(M)メガバイト レッド(S)
デル マリンフード(S)デル マリンフード(SM)
シュアー(S)シュアー(R)シュアー(M)
無脊動物・サンゴ用液状フード無脊椎動物・サンゴ用液状フード マリンデラックス 1000ml無脊椎・サンゴ用フードターゲットフード 240ml
海水用高性能バクテリア Bioスコール☆バイオスコール 1L 海水用QFI海水用添加剤 JOD―MIX(アイオダイン)
LIVE SEA ライブシーバッファーpHアルカリアラガミルク 480ml
メタルハライドランプ専用交換球JUNコーポレーション グラッシーグロウ150W スーパーブルー 25000Kメタルハライドランプ専用交換球JUNコーポレーション グラッシーグロウ150W マイルドブルー 14000K
レコルト ロータス ブルーレコルト ロータス ブルー&レッド
レコルト アイ ホワイトレコルト アイ ブルー
レコルト ブルークラマタ産業 ニューアズーロ ブルー
エムズワン MX-001S LED-ブルーAQUTE クリスタルインバーター600
カミハタ ターボツイスト Z 9Wカミハタ ターボツイスト Z 18W
カミハタ ターボツイスト 3x交換球カミハタ ターボツイスト 6x交換球
Red Sea MAX専用パーツサーフェーススキマーRed Sea MAX専用パーツ
キャビネットベンチレーションキット
BICOM スーパーバイコムスターターキット 250ml 海水用BICOM スーパーバイコム スターターキット(海水用)+Bafi(バフィー)30cm1本
BICOMBIICOM Bafi(バフィー)30cm1本
LSS研究所 PHコントローラー+PHモニター LSS研究所 CO2用電磁弁
タンクデータ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。