スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカンクシュリンプとコブヒトデ

ウズマキのお供にスカンクシュリンプを追加しました。
IMG_3518.jpg
隔離ボックスの外にいるスカンクシュリンプに体を寄せていたので小さめの子を入れてあげました。
少しでもリムフォの改善になるのだろうか・・・

ちなみに、RedSeaMAXには先住のスカンクシュリンプが居ますが、何度も脱皮を繰り返して今では10センチ越えのデッカイスカンクシュリンプになっています。
IMG_3516.jpg

買いに行ったショップで2匹で特価になっていたので2匹購入し、もう1匹は450アップライトタンクに入って貰いました。
IMG_3513.jpg


ついでにフリソデエビ用にコブヒトデ 1匹を購入。
IMG_3503.jpg

まだ、前に与えたコブヒトデを持っているのでサンプに入れています。
IMG_3499.jpg

スポンサーサイト

ウズマキの治療は続く・・・

先週、ウズマキのリムフォが悪化し土曜日から治療を開始しました。
IMG_3420.jpg
今までに4回ほど淡水+エルバージュ or GFGで薬浴を行いました。
先週の悪化状況のようなリムフォ拡大は見られませんが、消滅もしません。
一時、体色が少し薄くなり心配していましたが、食欲の変化は見られず、頑張ってくれています。

治療はまだまだ掛かりそうです・・・

RedSeaMAXの他の子達は特に変化は無く、みんな元気そうです。
IMG_3423.jpg



タンクデータの経過日数プラグインを設置(左ブロックの最後)してみました。
魚達は生存が確認されている子達だけにしています。
何処かで生きている子が居るとは思いますが・・・

経過日数プラグインはプラグイン フリーエリアを作成して Java Scriptを記述しています。

これで過去記録から計算しなくても直ぐに解ります。

ウズマキの治療

リムフォ悪化のウズマキ。

土曜日にRedSeaMAXのライブロックを半分出して捕獲。

5分間の淡水浴を実施して尾鰭と背鰭に増殖したリムフォを取れるだけ取りました。

リムフォは付着力が強いので、淡水浴しただけでは剥がれず、爪で丁寧に取るしかありません。

この影響で尾鰭は切れてしまいます。

背鰭は皮膚を痛めないように慎重に・・・

片方の胸鰭にも発症しているようですが・・・内側の為、指で擦ることはできず・・・


翌日の日曜日、餌喰いはいつもと変わりなさそうなので、再治療。

土曜日の治療では皮膚への影響も考え、淡水+エルバージュ(色付く程度)に5分間の薬浴。
尾鰭の取り残しも少し取り除きました。

土曜日から再びファンガス リムフォ駆除剤 の投与を再開。
まだ残っているので他の子に影響が無ければ最後まで使い切ろうかと・・・

今朝は隔離ボックスの中が不満そうでしたが、餌を入れると一生懸命食べていたので淡水浴のダメージは大丈夫そうです。

餌喰いは良いウズマキですが、我が家では長期飼育ができません
今回の子はなんとか復活して欲しい・・・

次回は水曜日の夜に状況をみて考えます。

その他の水槽は問題無く、みんな元気そうです。

ウズマキのリムフォ治療開始

自然治癒に期待していましたが・・・
日に日に悪化。
IMG_3361.jpg
こんな可哀想な尾びれになってしまいました。

5分間の淡水浴を行い、指で取りました。
リムフォと一緒に尾びれもむしれてしまい・・・
全てを取り除くことは困難だった為、治療しやすい様に隔離ボックスに入れました。
IMG_3367.jpg
この後は様子を見て淡水浴治療を続けようと思います。

しばらくは警戒していましたが、餌を入れたら食べてくれたのでちょっと安心。
体力の回復を祈ります。




ポッターズピグミーエンゼル、90センチOFに放流して1週間。
すっかり慣れた様です。
レモンピールは近くに来ると追い払う程度で受け入れてくれた様です。
IMG_3378.jpg
餌を入れるとデバスズメと一緒に餌リングに食べに来ています。

新しい環境に慣れてくれて良かったです。

ポッター君は大丈夫そう。平和になったかな。

日曜日に90センチオーバーフローに放流したポッターズピグミーエンゼル。
レモンピールに追われて隠れている時間が多かった数日。
水曜の朝からビックリするほど穏やかに。
少し早く帰宅したのでデジカメ持って様子を見ているとやっぱり穏やか。
むしろ、デバスズメやベルスエンゼルにちょっかいを出すポッターズピグミーエンゼルの姿が・・・
なんというタフ!? 柔軟なヤツと思いました。

レモンピールの攻撃を上手くかわしていたのか、体にはダメージはなさそう。
IMG_3300.jpg


そんな水槽の動画です。

サンゴフードと共に冷凍コペポーダを入れたのデバスズメとカクレクマノミたちが大喜び。
90OF上部の900アップライトタンクでもシマヤッコとコウリンハナダイがコペポーダに大喜びの様です。


60センチオーバーフローはフレームエンゼルがボス振る舞い。

11ヶ月でかなりメタボな気の強いフレームエンゼルができあがっています。


RedSeaMAXはウズマキが尾鰭にリムフォが発症していて困っている以外はみんな元気。

ウズマキのリムフォは一度指で取ったのですが・・・
ファンガス リムフォ駆除剤を10日間投与し続けても悪化。
投与は中止し、自然治癒に期待。
食欲は大変良いので今のところは様子見。

ポッターズピグミーエンゼルのその後・・・

ポッターズピグミーエンゼルは先週から90OFの隔離ボックスでお見合いしていました。

いろいろなタイミングにより日曜日に暴くんレモンピールの居る90OFに放流。

予想通りの激しい攻撃に遭い、レモンピールが入れない隙間に逃げ込む姿をハラハラしながら見守っていました。

放流後、1時間ほどで消灯となった為、レモンピールの攻撃は収まり、就寝。

翌朝(月曜)見ると、ポッターズピグミーエンゼルが隙間から出て来ると攻撃するレモンピールの姿を目撃。

ごめんねと思いながら、餌は少し多めに隠れている付近に落として出勤。

昨日の朝、ちょっとは出てくるようになったかなぁという感じでライブロックや底砂をツンツンしている姿を確認し少し安心。

その時間もわずかな時間でレモンピールに追われていました。


そして、今朝は昨日とは違ってマイペースに泳ぎ回っています。

「あれ?」 と思うほどに穏やか。

と思った矢先に「え?」ライブロックの陰から出てきて少し追いかけました。

レモンピールはいつも通り餌も食べているので体調には特に問題はなさそうですが、昨日とは態度が違っていました。

その後、少し様子を見ていましたが明らかに穏やかになっており、追う姿はあるが距離が確実に短くポッターズピグミーエンゼルもひょいとかわして普通に泳いでいます。

あら、受け入れたのか諦めたのかな。

ポッターズピグミーエンゼルの体にもダメージなどほとんど無い様です。

今朝は、そんな穏やかな水槽を見て出勤しました。




蒸発問題ですが、
昨晩、足し水をしたばかりですが、既に1cmほど水位が下がっていました・・・

去年のこの時期はまだ60センチ水槽だけだったのでそれほど気になりませんでしたが、水量と水面の増加により蒸発量も激しいです。

2日に1回のペースで2Lのペットボトル1本の足し水が必要な様です。

ペットボトル逆さ吊りしての自給環境を考えましたが・・・
2日で2L消費することを考えると1週間保たせるには6Lは必要な訳で、ペットボトルでは役不足ということが判明。

自給は諦めて2日に1回ペットボトルにRO水を溜めてPHバッファー剤を添加して足し水します。



最近帰りが遅いので、帰宅時は水槽の消灯時間となっており写真が撮れていません

蒸発問題・・・

この時期、蒸発量が激しく、うっかりするとサンプの水位が危険状態。

今朝、Caリアクターのポタポタ状態を確認する為、濾過室扉を開けて見たところ、サンプの3層目の水位が半分に

今晩足し水しないとやばい状況になっていました

朝の出勤前だったのでRO水溜める時間もなく・・・放置。

日曜に足し水していますので3日保たない状況です

時給タンクの自作を考えた方が良さそうです。

さて、どうすればよいのか・・・・

手軽なのはペットボトルを水位に合わせて逆さ吊りすれば良いのかなぁ・・・

こんな商品(リーフオクトパス ウォーターボックス WATER-BOX)とかこんな商品(マメスイッチ(mame switch))が・・ちょっとお高いので自作を考えます。



今晩は足し水忘れないようにしないと

この時期、毎晩チェックしないとダメですね


ちなみに、我が家の足し水はRO水に Live sea バッファー ph/al を入れてPHを上昇させてからサンプに入れています。




魚たちですが、いろいろなタイミングがあり、日曜日夜にポッターズピグミーエンゼルを90センチOFに放流しました。

予想通り、レモンピールの攻撃が・・・・

今朝はレモンピールの攻撃を交わしながら、餌を食べる姿を見ました。
レモンピールが入れない隠れ家を見つけた様です。

落ち着くまでは隠れ家付近にも餌を落としてあげるようにしています。

結構タフな子なのか、レモンピールが水槽反対側に居る時は前面に出てきてライブロックや底砂をツンツンしていました。

この子に対しては「ごめんね」という気持ちでいっぱいです。
RedSeaMAXでスミレヤッコへの攻撃が激しくならなければ・・・
スミレヤッコの餌付けの苦労からこの子を移動することとなり、放してあげられる環境がここしか無かった。
ヤッコの追加は慎重に考えてからにしようと・・・

我が家のヤッコたちの居場所。
90OFレモンピール(7㎝)、イナズマヤッコ(7㎝)、ベルスエンゼル(5㎝)、ポッターズピグミーエンゼル(5.5㎝)
60OFフレームエンゼル(7㎝)
900アップライトタンクシマヤッコ(5.5㎝)
450アップライトタンク無し
RedSeaMAX130スミレヤッコ(5.5㎝)、ニシキヤッコ(5.5㎝)、ウズマキ(6㎝)


この中で、レモンピール、フレームエンゼルはかなりの暴君です。
この二匹は絶対に一緒にはできないでしょう・・・

そんなレモンピールとフレームエンゼルですが・・・
レモンピール(初めてのヤッコ)は1年を越え、フレームエンゼルは11ヶ月経っています。
海水水槽立ち上げて1年3ヶ月の我が家にとっては大切な存在です。

治療薬は効果無い・・・

海水魚を飼育してきていろいろと治療薬を試しました。

しかし・・・

効果が見られた治療薬には巡り会えていません orz.

我が家の環境では、自己回復が一番の様です。


今現在、RedSeaMAXのウズマキが尾鰭と背鰭にリムフォが発症しており、ファンガス リムフォ駆除剤を10日間使用しましたが、改善の傾向は全く無く、むしろ大きくなっていますので使用を中止。

ウズマキは元気に餌を食べていてお腹もふっくらしているので自然治癒に期待します。

他の魚たちは特に異常が見られず、大型ヤッコはなりやすいのかウズマキのみが発症しています。


今は、紫外線殺菌灯、ヨウ素殺菌、ヨウ素添加のみとしています。

以前、白点に関しても、ICH X-tinguisher白点駆除剤を使いましたがやはり効果が確認できませんでした。
プロバイオティック・マリンフォーミュラーも何本か使ってみましたが同様。

という結果から今後は、紫外線殺菌とヨウ素殺菌だけで維持し、食欲不振になった場合には淡水浴を実施することにします。

GFGやエルバージュといった薬も持っていますが、使用するタイミングもあると思いますが使って良い結果にはなっていません orz.


話は変わりますが、先日設置したVorTech MP10ですが・・・

ちょっと不満な点が・・・

・フードモードで水流が止まらないのはやはり困る。
 弱い水流とはいえ、餌は流されてしまいます。
 少しずつ餌を与えて無駄にならないように心がけないといけませんね。

・電源をOFFにすると記憶していたナイトモードがリセットされてしまい時間になってもナイトモードにならない。
 気がついた時にナイトモードにセットすると10時間後にしか通常モードに戻らないので、朝見てもナイトモードのままとなっている。

その点、Nano WaveBox はフードモードは停止してくれるし、光センサーで自動運転してくれるので楽です。



VorTech MP10 と Tunze Nano Wavebox

昨日、RedSeaMAXに設置した VorTech MP10ですが、調整が微妙で難しい。

稼働前の状態はこんな感じ。


ショートパルス以外はイマイチという感じだったのでショートパルスで調整してみました

少し強めの設定:水流 2/3程度、1秒/1回のパルス設定。

これではナガレハナに悪影響っぽいのでもう少し弱めが良さそうです。

ちなみに水流最大では底砂を巻き上げるのでNGでした。

少し弱めの設定:水流 1/3程度、1秒/1回のパルス設定

こんな感じでしょうか・・・しばらくこの設定で様子を見ます。


一方、90センチオーバーフローに設置している Tunze Nano Wavebox は比較的簡単に気持ちよい波が作れます。

電圧最大(24V) 1秒/1.5回のパルス設定

ちょっと激しすぎかな。

電圧:18V 1秒/1.5回のパルス設定

こんな感じでしょう。

電圧最大では少し強すぎるので18Vで使っています。

RedSeaMAX130にTunze Nano Waveboxは大きい過ぎるかなぁと思いますので、VorTech MP10がベストなチョイスでしょう。


RedSeaMAXのヤッコ達は順位が付いた様です。
IMG_3106.jpg
ニシキヤッコ > ポッターズピグミーエンゼル> スミレヤッコ

番外:ウズマキ

体長はみんな 5センチ~6センチ 程度です。

ポッターズピグミーエンゼルはどうもスミレヤッコが気に入らない様です。
スミレヤッコは旨く逃げているようですが・・・

そんなポッターズピグミーエンゼルですが、ニシキヤッコからは逃げている姿がチラチラ。

餌の時は一緒に食べているんですけどね。

ウズマキは全く無関心で他のヤッコも何もしないです。

ポッターズピグミーエンゼルがスミレヤッコに対して強すぎるかな・・・ちょっと心配。
スミレヤッコの様子は気をつけてみていてあげないと(汗)


QRコード

QRコード
プロフィール

Bobby

Author:Bobby
カクレクマノミに憧れて、海水魚とサンゴを飼育しています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ  RSS

愛用品
ライブシーソルト 600L
メガバイト グリーン(M)メガバイト グリーン(S)メガバイト レッド(M)メガバイト レッド(S)
デル マリンフード(S)デル マリンフード(SM)
シュアー(S)シュアー(R)シュアー(M)
無脊動物・サンゴ用液状フード無脊椎動物・サンゴ用液状フード マリンデラックス 1000ml無脊椎・サンゴ用フードターゲットフード 240ml
海水用高性能バクテリア Bioスコール☆バイオスコール 1L 海水用QFI海水用添加剤 JOD―MIX(アイオダイン)
LIVE SEA ライブシーバッファーpHアルカリアラガミルク 480ml
メタルハライドランプ専用交換球JUNコーポレーション グラッシーグロウ150W スーパーブルー 25000Kメタルハライドランプ専用交換球JUNコーポレーション グラッシーグロウ150W マイルドブルー 14000K
レコルト ロータス ブルーレコルト ロータス ブルー&レッド
レコルト アイ ホワイトレコルト アイ ブルー
レコルト ブルークラマタ産業 ニューアズーロ ブルー
エムズワン MX-001S LED-ブルーAQUTE クリスタルインバーター600
カミハタ ターボツイスト Z 9Wカミハタ ターボツイスト Z 18W
カミハタ ターボツイスト 3x交換球カミハタ ターボツイスト 6x交換球
Red Sea MAX専用パーツサーフェーススキマーRed Sea MAX専用パーツ
キャビネットベンチレーションキット
BICOM スーパーバイコムスターターキット 250ml 海水用BICOM スーパーバイコム スターターキット(海水用)+Bafi(バフィー)30cm1本
BICOMBIICOM Bafi(バフィー)30cm1本
LSS研究所 PHコントローラー+PHモニター LSS研究所 CO2用電磁弁
タンクデータ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。